メニュー

無料低額診療のご案内

 

対象例

①病気や障害によって一時的に収入がなくなり、医療費を支払うことが困難になった。

②年金収入だけでは生活がままならず、医療費の支払いが難しい。

③ホームレスの人が健康を害して苦しんでいるのを発見した。

④「医療費が払えない」と、治療を受けず、家庭の中で苦しんでいる人から相談を受けた。

f97dc92365cc10f7feb74ea14f481c1f_s

無料低額診療事業とは、生活困難な方が経済的な理由によって、必要な医療サービスを受ける機会を制限されることのないよう、無料または低額な料金で医療の利用を行うもので、社会福祉法に位置づけられている事業です。

窓口

受付・お電話[06-6911-3195]

担当 近藤・西村

 

無料低額診療事業の減免率について

(ア) 世帯所得が、生活扶助基準等の130%未満の方については総診療費のうち自己負担金の全額を免除します
(イ) 世帯所得が、生活扶助基準等の130%以上150%未満の方については、総診療費の自己負担金の5割を免除します。ただし当該減免額が総診療費の1割に満たないときは総診療費の1割を減免します。

 

利用のご案内

制度の適用の有無にかかわらず、まず必要な診療・治療を開始します。適用になるかどうか、ご心配になると思いますが、治療を受けて健康回復のスタートを切ることが大切ですので、安心して受診して下さい。
無料低額診療の利用には、所定の申請書により、院長、所長への申請が必要です。患者様からの申し出があれば、職員が申請手続のお手伝いをさせていただきます。
無料低額診療の適用については、相談員との面談をおこないます。基準に該当した場合には、無料低額診療の利用が必要とされた場合には適用となります。適用とならない場合でも、医療費の支払いのほか、当面の生活などについて、ご一緒に打開の道をさがすように相談に応じています。
他の公的な制度の適用が可能な場合は、その手続をお勧めすることになります。
無料低額診療は、生活が改善するまでの一定期間の措置です。公的な制度や社会資源の活用、生活改善の方向を見つけて、ご一緒に生活を立て直していきましょう。
なお、無料低額診療制度を申請する際に、収入状況が確認できる関係資料を提示していただく場合があります。

 

ダイヤモンドオンライン:健康保険料が払えない、医療費が払えない…困ったら無料・低額診療をしている病院を探そう

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME